「信じあうことは」。

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 20:55

 この曲は、早見さんの世代の人にとっては、トラウマ・ソングらしいです。

 今回、取り上げてみるに当たって、聴き返してみたのですが、そうですね……生傷に塩をすりこむような歌ですね。思春期の悩みがゴスペルの響きをバックに語られて、最後に残る、後味の悪さは、随一だ、と思います。

 聴くことのむずかしいらしい曲ですが、私は、忘れません。

 歌っているのは、かめかめ合唱団。ラジオの深夜放送の企画から生まれたグループらしいです。

 いまは、こういうレア(生焼け)の音楽が、少なくなりましたね……。

 

岐路。

  • 2019.10.25 Friday
  • 12:55

 前にも言いましたが、図書館の司書と、喫茶店の店員と、どちらになるか、で悩んでいます。

 以前は、司書という仕事が憧れでした。いまもそれは、変わりません。

 けれど、お店の手伝いをしていて、なんだか心が癒やされるような瞬間や、逆に、たとえばクレイマーのお客様にどう対応するか、などやってみると、心が一歩、前へ進むような気がするんです。

 答を出すのに、あと2年半。その間に、また私を取り巻くものが変わってくる……かもしれませんね。

 そんなことを考えながら、もう昼休みは終わりです。午後ひとつめの授業は、私の苦手な線形代数です。どう苦手なのか、分からないほど苦手です。

 はあ……。

 私もおとななので、授業は受けますけれど、合格する自信は、まるでありません。

 とにかく、がんばります。

 

ごぶさたしております。

  • 2019.10.10 Thursday
  • 11:38

 秋も深まっていきます。お元気ですか。

 私はと言えば、なんだかぼうっとしながら、本を読んだり、勉強をしたりしています。

 バートランド・ラッセルの随想録を読んでいるのですけれど、頭のいい人の書いた本は、おもしろいですね。随想録なので、そんなに難しくなく、それでいて、脳の奥のほうに、しみこんでいくようです。

 

 私は、いまがいちばん、幸せなのかもしれない、と思うことがあります。少なくとも、そう思えるのは、幸せにまちがいありません。

 私が歳を取っていくことにしたのを、残念に思う方も、いらっしゃるでしょうが、私にも、私の幸せを求めたい、という気持ちがあるのです。

 ごめんなさい。

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM