ヒューリスティック・シティ「フィロスフィーのダンス」。

  • 2019.04.01 Monday
  • 20:59

 最近聴いて、おもしろかったので買ったのですが、なんだか切ない歌ですね。心持ち、80年代の感じもします。

 

 最近、毎日書くことに目標を決めているのですけれど、あいにく新学期で、カリキュラムを決めないといえkないので、時間がかかるかもしれません。もし、そうなら、ごめんなさい。

 

アンテナ「ラヴ ラヴ ラヴ」

  • 2019.03.18 Monday
  • 21:05

 ずいぶん久しぶりに、風邪をひいてしまいました。

 私は、薬があまり効かないので、ひたすら眠っています。

 そういうわけで、なかなかブログには、手が回らなかったのですが、最近の深夜放送を聴いていたら、気になる曲を見つけました。それが、アンテナの「ラヴ ラヴ ラヴ」です。

 「LOVE LOVE LOVE」という曲があまりに多くて、私は深夜放送で曲名を聴いただけだったので、ちょっと探しましたが、「いい曲だなあ」、というのでもないのですけれど(私個人の感想なので、アンテナの皆さん、ファンの皆さん、ごめんなさい)、サウンドがとてもおもしろい気が、します。

 よろしかったら、聴いてみて下さい。

 

 いよいよ、2年生です。ゼミを決める時期です。

 だいたい決まっているのですけれど、やっぱり悩みますね。

リラックス。

  • 2019.02.24 Sunday
  • 21:32

 そろそろ大学入試の二次試験が始まる――というのは遅いのでしょうか。ろくに調べもせずに、書いてすみません。私は私で、年度末の試験対策が、あるものですから。

 大学入試というのは、ひとことで言うと、緊張との戦いだ、と私は思います。緊張というものは、そう簡単に克服できるものではありません。

 私は、一応、いまが西東京文理大の一年生(ですからすぐに、二年になります)ですが、緊張しすぎて、二次試験の最後の科目が終わったその夜に、熱を出して寝込みました。

 そういうわけで、リラックスのしかた、ということを、考えるようになりました。

 いままで、期末試験などの勉強のときには、ホットチョコレートを飲むことが多いです。ホットミルクも、いいと思います。とにかく、体を温めることで、緊張がほぐれるようです。

 早見さんは、冷たいものしか飲めませんでしたが、ジャスミンティーをずっと飲んでいた、ということでした。確かに、ホットチョコレートやホットミルクは、糖分、脂肪分の摂りすぎで、肝臓などに影響が出ると困りますので、私は最近では、ホットのフレーバーティーを飲んだりもしています。

 あとは、音楽です(たいてい、その話ですが)。周りに聴いてみたところ、カーペンターズの『雨の日と月曜日は』のような、ゆっくりとしたバラードを聴いて、心を休める――というタイプの人と、クイーンのような、土木工事をやっているみたいな曲でテンションを上げる人の、両方がいるようです。

 どちらにしても、勉強のときかける曲では、あまり曲に入り込みすぎて、現実逃避になってしまわないよう、お気をつけて。

 もっというと、緊張を楽しむ、というアスリートのような心境になれればいいのだ、とも思いますが、それは私にはむり、だと思います。

 どれにしても、あなたに桜の花が降ることを、お祈りしています。

 それでは、おやすみなさい。

 

明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次/東京スカパラダイスオーケストラ

  • 2018.11.12 Monday
  • 04:30

 ひさびさに興奮しています。すごくいい曲です。エレファントカシマシの宮本さんをヴォーカルに迎えての、スカパラの新曲。発売は今月18日なのですけれど、すでに、私はYouTubeで何回も聴きました。いえ、正確には何十回です、ごめんなさい。ちゃんと、買いますから。

 今年ももう、年末に近づいてきましたけれど、私の中では、一番のいい曲です。かっこいいですし、くりかえし聴ける曲ですし、、、、、と、書きながら、どうやって説明したら分かってもらえるか、と悩むのですけれど、説明はいらないような気もします。私のつたないことばより、初めて聴いたときのインパクトを大事にしたほうが、いいように思います。

 とにかく、聴いてみて下さい。話はそれからです。

神様、僕は気づいてしまった―ストレイシープ。

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 18:29

 走りとなったのは、やはり、Mr.ChildrenのInnocent World か、スピッツのチェリーか、そうでなければ、My Little Lover の Man&Woman でしょうか。とにかく90年代になって、どっちがバンド名でどっちが曲名か分からないバンドが、はやり始めました。私はいま18歳ですから、そういうのを知っているのは、おかしいのですが、これはお約束です。

 それが、とうとうここまで来てしまったのだなあ……というのが、「神様、僕は気づいてしまった」の「ストレイシープ」です。

 好きでやっていることに、しかも、私になんの迷惑もかからないことに、文句を言う気はありません。ただ、よく分からない(私には)、というだけのことです。

 「ストレイシープ」は聴いてみたのですが、いい曲だ、と思いましたし、がんばって欲しいです。ただ、ウィキペディアで調べると(最近は、それぐらいはできるようになりました)、バンド名には、強いメッセージがあるようですが、この後、売れてくると、「神僕」とか略されてしまって、そのメッセージはTMNが多摩ネットワークだった、ぐらいの意味しか持たなくなるのではないか、と気を回してしまいます。

 けれど、水曜日のカンパネラは、特に「水カン」とは略されないので、杞憂かもしれませんね。

 

吉田美奈子さんの「レインボー・シーライン」

  • 2018.08.03 Friday
  • 18:49

 最近、馬場こずえさんのことでコメントが出ていましたが、その「馬場こずえの深夜営業」で、私の兄が知ったのは、吉田美奈子さんの「レインボー・シーライン」だそうです。

 この曲はオリジナルではなく、佐藤博さんという方の「スーパーマーケット」というアルバムがたぶんオリジナルですが、吉田さんのヴァージョンはアレンジが絶妙で、泣きそうなくらい、爽やかです。

 吉田美奈子さんについては、私もそれほど詳しくはないのですが、「扉の冬」からゴスペルに? 路線が変わっても、いいなあ……と思います。

 

 

六月の雨

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 21:45

いよいよ関東でも梅雨入りしましたね。

六月の歌、というので調べてみたら、↓こんな歌を見つけました。

 

 polonjan.info/kyuukyoku-june-rain/

 

本当に、沖縄で歌い継がれているのかは、分かりません。早見さんは、80年代から10年代ぐらいの沖縄ポップ&ロックを集めていますが、この歌は、知らなかったそうです。

沖縄の音楽がダメになったのは、ビギンが売れたからだ、……と早見さんは言うのですが、私は、反対も賛成もできません。そんなには知りませんから。

こんど、まとめて聴いてみたい、気がします。

天気が悪いと、考えも湿りがちですね。断水にならない程度で、雨が降りますように。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM