ごぶさたしております。

  • 2019.10.10 Thursday
  • 11:38

 秋も深まっていきます。お元気ですか。

 私はと言えば、なんだかぼうっとしながら、本を読んだり、勉強をしたりしています。

 バートランド・ラッセルの随想録を読んでいるのですけれど、頭のいい人の書いた本は、おもしろいですね。随想録なので、そんなに難しくなく、それでいて、脳の奥のほうに、しみこんでいくようです。

 

 私は、いまがいちばん、幸せなのかもしれない、と思うことがあります。少なくとも、そう思えるのは、幸せにまちがいありません。

 私が歳を取っていくことにしたのを、残念に思う方も、いらっしゃるでしょうが、私にも、私の幸せを求めたい、という気持ちがあるのです。

 ごめんなさい。

 

 

秋になりましたね。

  • 2019.09.18 Wednesday
  • 18:31

 気温が下がってきて、太陽もあまり、ぎらぎらしないようになってきました。秋ですね。

 私は、浩史兄さんから、帳簿の付け方を習っている最中です。

 最近は、あまり、新しい曲を聴いていないのですけれど、そういう時期もある、ということです。

 

 秋のお彼岸が、近づいてきました。お線香の匂いがなつかしい、と言ったら、しかられるでしょうか。

 

夏休みが、終わります。

  • 2019.09.01 Sunday
  • 21:13

 毎年、「今年の夏は忘れない」、と思うのですけれど、毎年、忘れてしまいます。私はだめですね。

 そんなことを言っているうちに、もう、夏休みが、終わります。

 宿題は、なんとか片づけましたし、20歳にはあと4カ月ありますし、どうということもないのですが、やはり、夏の終わりは、私にはたまらなく、淋しいものです。

 もう少し、秋や春の楽しみ方を、憶えたほうが、いいと思うのですが。

 とりあえず、新学期の勉強中です。

 

ちょっとすみません。

  • 2019.08.25 Sunday
  • 21:33

 きょうは、別の話題を用意していたのですが、早見さんが、「それ、小説のネタに下さいな」、というので、譲ることにしました。

 そういうわけで、私は、夏休みの最後の一週間にさしかかりました。

 夏休みは、やっぱりいいですね。毎日、何かが起こるような、そんな気がします。

 ほんとうは、何もないのですが、なければないで、ほっ……として、残りの日を過ごせます。

 

 きょう、トンボを見かけました。夏は秋になり……いえ、その先のことは、鬼が笑うので、やめましょうね。

 ――前から気になっているのですが、笑う鬼、というのは、どこにいるのでしょう。

 そして、鬼が笑ったからと言って、それがどうした、と言うのでしょう。

 これは、民俗学でやることなのでしょうか。分からないことだらけです。

 

ビター・スイート・サンバ

  • 2019.08.21 Wednesday
  • 11:44

 いいことが、書けないことが、ときどきあります。

 けれど、私は、悪いことは、書きたくありません。

 そこで、早見さんと話し合ってみたのですが、「書けることがないときは、書かない」、ということで、話がつきました。

 きょうは、というと、何もない日々の積み重ねで、うまくいきません。

 日記が更新されていないときは、「そうか。季里はなんとなく、さぼっているんだな」、と思っていただければ幸いです。

 夏休みは、本を読んだり、課題をやったり、店の手伝いをしたり、で、けっこう私としては、忙しい一日を送っている……というところです。

 お盆も終わりましたが、皆さんの夏休みは、いかがでしたか?

 

台風がやってきます。

  • 2019.08.15 Thursday
  • 07:10

 何も考えずに、ぼーっと生きているのですが(チコちゃんに叱られますね)、猛烈な台風が近づいてくるようです。

 皆さん、どうかお気をつけて。

 

 私は、低気圧のせいだと思うのですけれど、ちょっと具合が悪いです。

 気圧病、というのは、正しくは気象病というのだそうですが、昔は、病気ではない、原因が分からない、と言われていた過去が、ありました。いまは、自律神経が気圧のせいで不調になる……といったことのようです。

 それにしても、夏、ってこんな季節だったかなあ、と思って、「夏街道」の頃のことを思い出してみたのですけれど、どう考えても、こんな天気にはならなかったように思います。

 どうぞ、お大事に。

ジャムの瓶。

  • 2019.08.05 Monday
  • 20:59

 最近、やっていることがあります。10円貯金です。

 ふつうに(と私が思っている)生活では、100円玉はけっこう使いますが、10円玉は使いません。お財布に、たまってしまっています。なので、10円玉を貯めることにしたのです。

 いま、だいたい300円ぐらい貯まったでしょうか。ジャムの瓶だと、いくら貯まったのか、あまりよく見えないので、ちょっとミステリアス――というほどではありませんけれど、1000円(一千円)ぐらい貯まったら何に使おうか、と楽しみにしています。

 電子マネーの時代で、例えば189円のものなどを買うと、お店に悪い、と思うぐらいです。でも、私は電子マネーはまったく信じていないので、現金主義です。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM