「神の冬 花の春」第6章の3

  • 2015.05.23 Saturday
  • 20:00

「加野……なのか」
 新青森駅の雑踏の中、恭司は自分の目を疑った。
 オーバーを着こんだ加野湘子は、無邪気な笑顔を見せている。
「すごい偶然だね、相沢君。こんな所で逢うなんて」
「そうだな……元気か」
「うん。今はお祖父さんの家にいるの。実家へ帰ろうとしていたところ」
 どう言っていいか、分からなかった。
 湘子と恭司や季里たちとは、今年の夏、信じられない体験をした。そのとき湘子は頭を打ち、いちばん大事な人を文字通りなくす――という体験をした。そして、その人との思い出まで、すっかりなくしてしまった、と聴いていた。
 それでも、恭司のことは覚えていたらしい。笑顔でうなずいた。
「私なら、元気。記憶はまだ戻らないけど、無理に思い出すこともないのかなって、最近は思ってる。なんだかね、今は気分がとても軽いの。……いけないのかな」
「いいんじゃないか」
 恭司は、一瞬ためらった後に、答えた。
「加野の人生は、加野が決めることだよ」
「そうだね。うん、ありがとう」
 湘子はうなずいて、
「あの子も、そう言うかな。ほら――水淵さん」
「季里のことは、覚えているのか」
「うん。私を助けてくれたんだよね」
「まあ、ね」
「今も元気? 水淵さん」
「分からない」
 恭司は、それについては正直に答えた。
「季里は今、東京にいるはずなんだ。俺ひとりが里帰りしてきた。それが、東京があの通りだろう」
「うん、知ってる。汽車は動かないんだよね」
「ああ」
「どうするつもり?」
「分からない」
 恭司には、そうしか答えることができなかった。
「相沢君。今度は私が、助ける番だね」
 湘子は、細長い紙きれを恭司に手渡した。
「あっ」
 恭司は思わず声を上げていた。新宿−青森間の、高速バスの切符だった。
「ここから青森駅までは、タクシーで行けるでしょう。私が聴いたのだと、東北道はかなり除雪してあって、ひょっとしたら都内に入れるかも……って。指定席だから、急いで行ってね」
 それには気がつかなかった。
「加野は、それでいいのか」
「やまない雪はないよ」
 湘子は微笑んだ。
「私は、今すぐ帰らなくても、大丈夫。だから、もらって」
「……ありがとう」
 この偶然が神さまのしわざなら、恭司はその神さまにいくら感謝してもしきれないほどだった。もちろん、湘子にも。
「私のことはいいから。それより、水淵さんに必ず逢ってね。なんていうのかな……心の中で声がするの。逢いたい人には、逢いたいときに逢わなくちゃいけない、って」
「――ああ」
 深く頭を下げると、恭司はそれきり振り向かず、タクシー乗り場へと歩き出した。

「相沢君って、まっすぐな人だな」
 背中を見送って、湘子はつぶやいた。
「そんなに都合よく、思い出さないと思う? 何があったのか、もう、知ってるよ。だから相沢君には、悲しい思いをさせたくないんだよ」
 湘子は、オーバーの袖で、涙をぬぐった。

 こうして、いろいろなことが動き始めた。
 そして、いろいろなことが、滅び始めたのだった。

(この章、終わり)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 物語が終わるには、もう少し、時間があるようです。
 ひとつ、おわびをしておかなくてはなりません。これからは『旧三部作』と呼びますが、「夏街道」「水路の夢」とこの作品では、その後と設定が変わっています。恭司が青森生まれなのに、季里は北海道生まれだ、ということです。
 ある理由があって、のちに、ふたりとも青森生まれに戻したのですけれど、そのため、設定が途中で、歪んでいます。ごめんなさい。
 これは、これとして、ということで……。


 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM