きょうは、宣伝の日です。

  • 2019.08.09 Friday
  • 18:43

 早見慎司、という名前の小説家が、早見裕司と同一人物だ、というところから、始めなければいけないのですけれど、その早見裕司だった早見慎司さんが書いたのが、「かりゆしの島のお迎えごはん」です。

 早見さんの、8年ぶりの書き下ろし小説ですが、これが売れると、早見さんのファンの方には、うれしいことがある――かもしれないそうです。

 そんなことがあったら、いいのになあ、というようなことです。いまのところは、「風が吹けば桶屋が儲かる」、程度のことですが、ゼロではありません。

 どうか、とりあえずは、「かりゆしの島のお迎えごはん」を読んでみて下さい。早見さんには珍しい、ストレスのない小説(作者談)だそうです。

 発売は、8月の24日です。どうぞ、よろしくお願いします。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM